お子様の不登校でお悩みのご家族へ

 

 

当相談室では、不登校(保健室登校を含む)または

引きこもりのお子様を抱えるご家族から多数お問い合せをいただいております。

 

ご家族の「親」として子どもに「学校に行けるようになって欲しい」というご希望は、

大人としては大変よく理解できますが…

 

心を治療する専門家の意見としましては、まずは不登校の当事者であるご本人様が、

本当に、本当に、本気で学校に行けるようになりたいのかどうか…

 

さらに一歩進んだ言い方をするならば、ご家族ではなくご本人様が、

今の自分のココロを変えて成長したいかどうか…

 

その一点が、

当相談室にクライエントさんとしてお迎えできるかどうかの第一歩となります。

 

 

 

 

当相談室は医療機関ではありません。

 

医療機関の様に、

薬物療法によってお子様の心を整えていくことを目指している訳ではありません。

 

 

当相談室で行っている心の治療法(心理カウンセリングを含む心理療法)では

仮に小学生であったとしても、仮に10代であったとしても

 

不登校の当事者であるご本人様が「本気で」

今の自分のココロを変えて成長したいという気持ちを重要視しています。

 

 

 

 

当事者であるお子様自身が

まだ「自分のココロを変えて成長したい」という気持ちが定かでない段階では

 

当相談室ではクライエントさんとしてはお迎えしておりません。その時点では…

 

 

そのような状況の場合、医療機関での治療をお勧めしております。

 

なお、当相談室は医療機関のご紹介は一切行っておりません。

 

 

 

同様に、当相談室の代表である岩元應和がご契約させていただいている

学校法人におけるスクールカウンセリング等を御継続のお子様のカウンセリングを御希望の場合も

学校との連携を重要視させていただいておりますので、お断りさせていただくこともございます。

 

 

予めご理解いただけたら幸いです。

 

 

 

NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室

892-0842   鹿児島市東千石町5-12 CUBE BLDG.5F(509号室)

099-223-2299 お問い合わせは コチラ

Iwamoto Masakazu Psychotherapy Office(鹿児島) since 2010-4-1/Copyright 2016 All Rights Reserved.