ムービーマインドセラピー

 

ムービーマインドセラピーは国内で当相談室でのみ受けることが可能です!

 

 

 

戦争体験者のPTSD治療をベースに開発した当相談室のオリジナルトラウマ治療法

戦争体験者向けの「PTSD治療/恐怖症治療」を海外の援助者らから指導を受けた当相談室代表である岩元自身が数年間 分析や改善を重ね、日本人のクライエントさん向けに可能な限り負担がなくシンプルで効果があるものに確立した心理的アプローチによる治療法がムービーマインドセラピー

 

ムービーマインドセラピーの特徴的なところは、もしあなたがトラウマ体験を話すことができない、あるいは話したくないという場合に、話さなくても改善可能であるということ。

 

ムービーマインドセラピーをご体験いただきました99%以上のお客さまに「生活に支障を感じなくなった」「記憶はあるけれど怖いという感情が無くなった」とご報告いただいております。

 

 

  • 現在、当相談室では12歳以上をクライエントとしての対象とさせていただいております(未成年者の場合は保護者の同意が必要になります)。

 

思い出しても冷静でいられる記憶へ

 

ムービーマインドセラピーでは、辛い記憶の根源となるトラウマ記憶を、あたかも自分主演のモノクロのドキュメンタリー映画を観るかのように、第三者的に客観視することから始めていきます。

 

そして、その映画を高速で早送りしたり、巻き戻したりすることを繰り返していくことによって、(脳に)不思議と興味深いことが起こり始めます。

 

何が起こるかと言えば、ムービーマインドセラピーをきっかけに不安の度合いが次第に薄れていき、感情に圧倒されて心が受け止めきれなかった体験がだんだんと整理され、自分にとってこの体験がどんな意味を持っているかということが時間と共にはっきりと見えてくるようになっていきます。

 

トラウマの記憶を「毒」を持った記憶だとすれば、セッションを通して、解毒を目指していくのがムービーマインドセラピーです。一度でもセッションを受けたことがあるクライエントさんなら誰でも、セッション後、だんだんと毒が薄れていく感覚を体験することができます。

 

 

 

 

ムービーマインドセラピー事例

 

 

 

■■■■注:事例を読んでいただく上でのお願い■■■■

ムービーマインドセラピー事例を通して、セルフで取り組むことは

再びトラウマを受ける危険がありますので、ご注意ください。

トレーニングを受けた治療者に誘導してもらうことが最善です。

 

 

 

※ Th.はセラピスト(治療者)、Cl.はクライエントの略です。

 

 

中略

 

Th.

 『あの出来事の上空に来たら教えてください。』

Cl.

 「着きました。」

Th.

 『上から見ると・・あの出来事って、どんな色ですか?』

Cl. 

 「赤い感じがします。」

Th.

 『赤い感じがするんですね。』 

Cl.

 「はい」

Th. 

 『それでは…これからシアタールームに移動 してもらいます。

 あなたにとって心地良い シアタールームに到着したら教えてください。』

Cl. 

 「はい」

Th.

 『今、どこにいますか?』

Cl.

 「シアタールームの座席に座っています。」

 

                中略

 

 Th. 『今、目の前に

            スクリーンは見えていますか?』

 

 Cl.   「はい」

 

  Th.   『では、これから…

             あなたが主演のあの出来事の映画を

             見てもらいます。 それも白黒映画で。
     あの
映画というのは、当時の〇〇ちゃんが□□から恐い思いをさせら映画です。

             最初のシーンは、まだ恐い思いを体験する前の場面ですが、それは

             どんな場面ですか?』

Cl.  「あの恐い体験をする前の自分です。妹と家の中の居間でテレビを見ています。」
 

中略

 

Th.

 『今度はラストシーンを教えてください。ラストシーンは恐い体験が

  終わって、ホッ と安心している場面です。それはどんな場面ですか?』

Cl.

 「母親が私の部屋で私を抱きしめてくれています。

                     泣いてるけど・・ 安心しています。」

 

中略

 

Th.

 『それでは最初のシーンからラストシーンまで白黒映画を高速で早送りで見て

    もらいます。僕が誘導しますので、できるだけ僕のスピードに合わせてついて

    きてください。準備ができたら教えてください。』

 

 中略

 

Th.

 『今、どこにいますか?』

Cl.

 「シアタールームの座席に座っています。」

Th.

 『では、これからラストシーンの〇〇ちゃんの中に入ってもらいます。

    〇〇ちゃんの着ぐるみの中に入るかのように。

    無事に入れたら教えてください。

    〇〇ちゃんのペースで結構なので、フルカラーにして見てください。』

 

 

Cl.

  「入りました。」 

Th.

  『今、どこにいますか?』

Cl.

  「私の部屋です。」

Th.

  『〇〇ちゃんの目を通して見ていますか?』

Cl.

  「はい。私の目の前に母親がいて、抱きしめてくれています。」

 

中略

 

Th.

  『それではラストシーンの〇〇ちゃんから最初のシーンの〇〇ちゃんまで…

   高速で巻き戻していきます。

     僕が誘導しますので、できるだけ僕のスピードに合わせてついてきてください。

     最初のシーンの〇〇ちゃんまで戻れたら、あの出来事の上空に

     フワフワと浮いていてくださいね。準備ができたら教えてください。』

 

中略 

 

Th.

  『今、どこにいますか?』

Cl.

  「上の方に。出来事の上空でフワフワ浮いています。」

Th.

  『上手ですね♪ 上から見ると・・あの出来事って、どんな色ですか?』

Cl.

  「無色です。色はありません。」

Th.

  『 色がないんですね?』

Cl.

  「はい」

Th.

  『OKです』 

 

以下、省略

 

 
  • ムービーマインドセラピーはトラウマ体験をお話することができないクライエントさんでもセッション可能です♪ 
 

 

ムービーマインドセラピーはこんな方におススメです!

  • 保護者の皆さまへ現在、ムービーマインドセラピーのクライエントとしての対象者を中学1年生以上の方と制限させていただいております。中学生未満のお子さまのご相談につきましてもお気軽にご相談ください。

 

☑ トラウマ体験で苦しんでいるが、その体験を話すことができない方

 

☑ 過去の身体的・心理的・性的虐待などによる苦しみから解放されたい方

 

☑ パニック障害を抱え、特定の場所に恐怖を感じてしまう方

  (例:飛行機やバス、電車に乗れないなど)

 

 特定の動物や昆虫に対する恐怖が強すぎて、日常生活でお困りの方へ

 

☑ 不安を引き起こす強迫的なイメージ(強迫観念)が頭の中で渦巻いて消えない方

 

☑ アスペルガー障害の方など、トラウマ体験を視覚イメージで記憶している方

 

☑ 人災、天災、事故などに巻き込まれPTSD症状で苦しんでいる方

 

 

 

 

あきらめないで! どうぞ鹿児島の当相談室までお越しください!

 

東日本大震災以降(平成23年9月から平成24年10月まで)の1年間は、毎月、東北仙台を訪れる機会に恵まれ、心に深い痛みを抱えたり、心理的トラウマで苦しむクライエントさんたちと向き合ってきました。

 

最も効果のあるとされるPTSD治療や心理セラピー等による援助で今まで良くならなかった症状を根本から改善してきました。

 

当相談室の「ムービーマインドセラピー」をまだ知らずに、お薬やカウンセリング、各種セラピーに頼り、未だ心理的トラウマに悩まされている方々のお役に立ちたいと思っております。

 

どうしてもあきらめきれない、あきらめたくない!と本気でお悩みの方は一度、当相談室にご相談ください。

 

あきらめないで!

 

どうぞ鹿児島の当相談室までお越しください。

 

ムービーマインドセラピーを体験することで、あなたは必ず素敵な生活を送ることができるようになります。 

 

どこに行っても良くならなかったあなたのトラウマ体験による症状の改善を目指して、一緒にがんばりましょう。

 

 

 

 

NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室

892-0842 鹿児島市東千石町5-12 CUBE BLDG.5F(509号)

099-223-2299 お問い合わせは コチラ

岩元應和 心理相談室/いわもとまさかず しんりそうだんしつ/@2017 Iwamoto Masakazu Psychotherapy Office(鹿児島) since 2010-4-1